経験を積み重ねる。

生きるためには、
病気を治す事が必要。

働くためには、
健康な身体が必要。

健康な身体には、
栄養と教養が必要。

栄養と教養には、
お金が必要。

その為に、
毎日を積み重ねる。

H1
スクリーンショット 2019-09-03 13.00.41.png

M15
スクリーンショット 2019-09-03 12.58.05.png

20615を超えて、20680でレジスタンス。

昨日のナイトセッションは、
ダウもドル円も、
日経先物も上昇。

20680で上値が抑えられた感じ。

15分足は高値切り上げ安値切り下げ。
1時間足は高安切り下げ?(直近ピークボトム未確定)
両方とも75MAの上にある。

ただし日足はそうではない。

4時間足も、
8月6日以降、
19960から、
20790のレンジ状態。

終値は、
20645。

中長期足直近の直近高値ゾーンは、
20750-20800。

D1
FireShot Capture 531 - JPN225 20650 ▼ +0.32% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

H4
FireShot Capture 530 - JPN225 20650 ▼ +0.32% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

H1
FireShot Capture 532 - JPN225 20650 ▼ +0.32% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

M15
FireShot Capture 533 - JPN225 20650 ▼ +0.32% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

ナイトセッションでは上昇。20410と20510で押し目買いが入った。

先週末。

高値は20590まで。

20615は戻り高値で、

短期的には強そうな値だ。

その上は、

20750-20800のゾーン。

上へ抜ければ、

7月安値20955がある。

下は20440-20410のゾーン。

そこを下に抜けると、

20340が、

20200付近が、

強そう。

6月安値の、

20285から、

買いが入っている。

日足では、

その下は、

ヒゲの状態。

8月6日以降、

19960から、

20790のレンジ状態。

現在値は、

15分足は高安切り上げ、

75MAの上。

上昇トレンド中。

1時間足は高安切り下げ。

75MAの上。

下降トレンド中。

D1

H1

M15

短期足ではWボトムっぽいが、長期足ではまだまだ下値余地がある。

9時台の15分足は、
大きな上ヒゲを伸ばした、
100円以上の陰線。

そこからは、
20400円を挟んでの、
揉み合い。

すぐには下がらなかった。

4時間足や日足を見ると、
まだWボトムとは言えない形。

Wボトムのネックラインからの買いと、
5月終値20440付近からの売りの、
ぶつかり合い。

大引け直前に、
売り優勢。
20350で引けた。

15分足では、
下からのサポートによる、
Wボトムっぽい動きが、
失敗した形。

5月終値20440でレジスタンスされ、
5月安値20375を下に抜けた。

以下、
大引け直後のチャート。

D1
FireShot Capture 525 - JPN225 ▲ 20333 +0.25% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

H4
FireShot Capture 526 - JPN225 ▲ 20333 +0.25% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

H1
FireShot Capture 527 - JPN225 ▲ 20333 +0.25% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

M15
FireShot Capture 528 - JPN225 ▲ 20328 +0.23% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

2019.08.06 トレードプラン。

日足4本値

前日 日中始値:20855
前日 日中高値:20915
前日 日中安値:20480
前日 日中終値:20595

前日 夜間始値:20605
前日 夜間高値:20640
前日 夜間安値:20170
前日 夜間終値:20250

相場環境

日足を見ると、
6月安値、
20360を、
日足実体で、
下抜けた。


昨日のダウは、
大きく下落。
ナイトセッションも、
-340の下落。

シナリオ

前日4本値で、
どう反応するか。

日系225、
ドル円、
ともに、
今年の安値付近へ、
近づいている。

20000円で、
どうなるか。

D1
FireShot Capture 515 - JPN225 ▼ 20034 −0.85% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

H4
FireShot Capture 516 - JPN225 ▼ 20029 −0.88% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

D1(ドル円)
FireShot Capture 517 - USDJPY ▼ 105.569 −0.36% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

H4(ドル円)
FireShot Capture 518 - USDJPY ▼ 105.564 −0.37% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

2019.07.31 トレードプラン。

日足4本値

前日 日中始値:21565
前日 日中高値:21770
前日 日中安値:21550
前日 日中終値:21655

前日 夜間始値:21630
前日 夜間高値:21640
前日 夜間安値:21450
前日 夜間終値:21480

相場環境

日足を見ると、
直近高安、
5月高値と、
6月安値の、
半値付近。

76.4%:21995
61.8%:21680
50%:21430

先週、
三尊天井かと思いきや、
4時間足では、
まだ右肩ができていなかった、
とも見える。

一昨日の、
寄り付きから、
右肩から、
下落。

21560まで下げ、
15分足で、
先月高値、
21590で、
ピンバーになり、
止まるかと思いきや、
再度、
一気に下落。

ナイトなしでの、
日中だけでの、
日足では、
前日ローソク足が、
宵の明星となっていた。

21485まで、
下げたところで、
下げ止まる。

昨日の日中日足は、
宵の明星となっている。
ただし、
天井圏ではない。

昨年高安の、
半値は21695。


昨日のダウは、
少し下落。
ナイトセッションは、
-180の下落。

21590を破り、
21575から、
売りが入った。
21450でサポートされ、
そこからは、
21515までの、
50-60円幅の、
レンジの動き。

シナリオ

前日4本値で、
どう反応するか。

7月高値21800は、
昨日で否定された感が、
かなり強い。
昨日の高値21770も、
少なくとも日中は、
試す確率は、
低いと思われる。

15分足、
1時間足の、
直近戻り高値は、
21575。

月直近の高安は、
7月高値21800と、
7月安値20955。
半値は21365。

先週安値は、
21285。

今日は、
夜間に、
FOMCがある。

D1
FireShot Capture 507 - JPN225 ▼ 21525 −0.59% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png

H4
FireShot Capture 508 - JPN225 ▲ 21528 +0.01% JP225_2018.08.30 - jp.tradingview.com.png